海洋プラスティックとの取り組み

海洋プラステ ィックについて

2010年の1年間で世界中で合計8百トンのプラスチック廃棄物は海に投棄されました。
劣化したプラスチック廃棄物はマイクロプラスチックになります。マイクロプラスチックは、プランクトンや藻などの小さな水生生物と同じ大きさにもなります。
したがって海洋に生育している小さな魚、カニ、エビなどの水生動物はマイクロプラスチックを食べることになります。
小さい魚は大きい魚に食べられ、間接的に廃棄プラスチックからの有毒物質は私達のような消費者にも消費されます。